お金が貯まるゆるミニマリストになる手順

お金
お金がなかなかたまらない。物が多くて部屋の足の踏みどころがない。
 
給料日についご褒美で何か買ってしまう。行っていないジムや読まない新聞を定期購読している。

そんな方はゆるミニマリストになるべき!!

ゆるミニマリストとは

必要なものと好きな物をほどよく持った、ミニマリストまでストイックではないけど余分なものは買わない・持たない主義の人のことです。

なんでゆるミニマリストになるべきなの?メリットは?

メリットは大きく分けて2つあります。

余分なものを買わないのでお金が貯まる
物が増えない綺麗なお部屋を保つことができる

ゆるミニマリストになることで、必要なものや好きなもののみにお金を使い、余分なものを買わないように心がけることで自然とお金がたまります。

ゆるミニマリストになるにはどうしたら良い?

ミニマリストになる手順を4ステップでまとめました。

1.お買い物系アプリをアンインストールする
2.部屋のゴミを捨てる
3.使っていないものはメルカリやラクマで売る
4.セールの時に買い物に行かない

1.お買い物系アプリをアンインストールする

朝電車でついつい欲しい物をスマホで探しちゃうよ。

今日の通勤中、スマホでアプリを見ていませんでしたか?
お買い物系アプリを見ていた方は、要注意です。
なぜなら、無意識に「買うこと」をしようとしているということだからです。
欲しい物を探すことが日課になっていませんか?
無意識に消費行動をする「お買い物脳」から脱却することが、ゆるミニマリストへの第一歩です。
ゆるミニマリストなら、欲しい物を考えるのではなく、必要になったら欲しい物を探すようになりましょう。

2.部屋のゴミを捨てる

お部屋の片付けは苦手。あんまりやりたくない。

部屋のあちこちにゴミが転がっていませんか?
ペットボトルやポストに入っていたチラシ、着なくなった洋服が散乱していたらまず片付けましょう。
ゴミは処分して、洋服はハンガーにかけてタンスにしまいましょう。
ゴミやいらない物が部屋にあることで、自分が今何をどのくらい持っているのか把握することが難しいです。
すっきりしたお部屋に住めば、何をどれだけ持っているのかわかるので、同じような物を二重で買ってしまうということがなくなります。
また、お部屋を綺麗に快適にすることで、「この状態をキープしたい」という意識も芽生えます

3.使っていないものはメルカリやラクマで売る

捨てるのはもったいない、売れそうな使わない物を持っている
そんなモノ持ちさんは、即フリマアプリをダウンロードしましょう。
そうするとこで、「現金」も手に入り、部屋から必要ない物がなくなるので一石二鳥。

よーしミニマリストになるぞ!断捨離するぞー!

ちょっと待って!
いきなり「断捨離」など大きなことをすると、必要なものも捨ててしまう可能性もあるし、
最初でエンジンが切れてしまう可能性があるのでおすすめしません。
無理せずできることから、ゆるミニマリストになれば良いのです。

フリマアプリでいちいち出品するのめんどくさい

そんな方は、なんでも買い取ってくれる【ecofa(エコファ)】で宅配買取がおすすめ。
全国どこでも対応してくれていて、不用品をエコファに送る時の配送料も無料。
配送前の査定で買取価格がわかるので、値段によって処分するかしないかを決められるところが良いポイント。
ジャンルを問わず買い取ってくれるので、本はブックオフ、時計は大黒屋に、、、などと転々と売り歩く必要がありません。

4.セールの時に買い物に行かない

セールの時にお買い物しなきゃ損!

セールだから洋服買いに行こう。半額だからこれ買おう。年始だから福袋買おう。
という基準でお買い物していませんか?
そうじゃなくて、本当に好きな物を手に入れたいとは思いませんか?
ゆるミニマリストなら、本当に好きな物を買うので、セールの時かセールでない時かはあまり関係ありません。
「本当に好きな物を長く使う」これがゆるミニマリスト的思考です。
正しいお買い物の順序はこちら。

買いたい物をさがしてショッピングに向かうのではなく、欲しい物ができてからショッピングに向かうという順序が重要です。

ゆるミニマリストは買い物を楽しむ

ゆるミニマリストは物を買わないの?

いいえ、お買い物は楽しみます。ただ、不要なものは買わない。たくさん買わない。
ミニマリストとゆるミニマリストの違うところは、モノの持っている量です。
ゆるミニマリストは「自分の好きなもの」を適度に持っていますし、お買い物も好きです。
そうすることで自然とお金が貯まるしお部屋も物が少なくて綺麗な状態に保つのが簡単になります。
お金がたまらなくて困っている方は、ゆるミニマリスト的思考を始めて見ませんか?
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました