投資をするなら若いうちが良い。なぜなら背負ってるものが少ないから。

お金
株式投資を始めたいけど、始めるには若すぎるかな?

投資をするなら若いうちが良いです。なぜなら背負ってるものが少ないから。

若いということは守るべきものが少ないということ

守るべき大切な人がいないということは、出て行くお金も多いということです。

投資をするということは、少なからず1度は損失を出すことがあります。

株式なら最初の投資額100万円は無くなるものだと思った方がいいし、マンション投資なら初期費用や空室となった時の負担があります。

その損失は家族を養いながらだとキツイです。

失うものが少ないから、始められることも多いのではないでしょうか。

若いうちからはじめよう

若いうちから始めることで大学や高校では教えてくれなかった「お金」の知識を得ることができます。
投資をするということは、税金やお金に関する法律などを自分で学んでいくということ。
金持ち父さん貧乏父さんの著者ロバートキヨサキは、「ファイナンシャル・インテリジェンス」がないとお金持ちにはなれない。と断言しています。
節税や助成金など、なるべく損をしないように、得が出来るようにお金に関する情報にアンテナを張ることが大切です。
株式投資で投資をしたいと考えているのであれば、株取引を10万円からはじめてみましょう。
誰もが聞いたことのある会社の株を100株持っているだけで、世界経済や日本経済の上下が自分ごとに変わります。
インストールしているだけで読まないニュースアプリよりもよほど勉強になりますよ。
合わせて読みたい記事はこちら

 

投資しないのも一つのリスク

投資ってなんだかよく分からないし、怖いからやらな~い。

投資しないというのも一つの選択です。真面目に働いてお給料をもらう、とても立派なことです。

しかし、労働収入による日本円を稼ぎ、日本円を持ち続けるのも一種の投資です。

物価が下がり日本円の価値が高騰した場合は「円で貯金しててよかった~」となりますね。

逆に、物価が上がり日本円の価値が暴落した場合は「月100万円稼いでるのに、お金が全然足りない」という事態になります。

このように「投資としない」というのはある意味「日本円」に対する一点投資なのです。

投資の世界では分散投資してリスクを抑える必要があると言われています。

分散投資にすると、資産の柱が増えるので1つ崩れたとしても他があり支えることを維持できます。

一点投資にするとその柱が崩れたときにゲームオーバー。

投資しないというのもリスクだということを頭に入れておくと良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました