株取引初心者向け | 特定口座と一般口座の違いとメリットデメリットとは。

お金
特定口座と一般口座の違い、メリットデメリットってなに?

この記事では、株取引を始めたいと思っている方向けの特定口座と一般口座の違い、メリットデメリットについて分析、解説していきます。

特定口座とは

考える女性のイメージ画像
特定口座とは、証券会社で開設する口座のことを指します。
金融商品(預金、投資信託、株式、社債、公債、保険など)の取引業者等で開設する口座であり、投資家が確定申告・納税を簡単に行うことができるので、株取引をする大半の方が特定口座での口座開設をします。

一般口座とは

口座のイメージ画像
お給料の受け取りや家計管理、貯蓄用に使用されている一般口座とは、特定口座やNISA口座で管理していない上場株式等を管理する口座のことです。
簡単に言うと、この口座で証券会社は株式の売買を把握できません。

特定口座のメリットデメリット

特定口座のメリット

特定口座のメリットって一体何なんだ。

「源泉徴収あり」とした場合

年間取引報告書を送付せずとも全て申告を行ってくれることもあるので、納税の漏れ・未納による心配がありません。
株取引での利益を正しく報告しないと、後々追加で税を徴収されたり、場合によっては書類送検、逮捕される可能性があります。
デイトレードや中期で株取引を行う人のほとんどが、証券会社で自動的に申告を行なっています。
また、「配当金を自動で受け入れる」ことができる証券会社だと、取引している口座に、配当金が振り込まれます。
郵送されてくる株保有会社からの手紙をチェックして、配当金受け取りの手作業をしなくて良いので配当金受け取り漏れがなく、利益を逃すことがありません。

「源泉徴収なし」とした場合

確定申告をする必要があるものの、証券会社から年に1度送られてくる年間取引報告書を添付して送付すれば、確定申告を簡単にすることができます。
そのため、確定申告・納税を簡単に行うことができます。
確定申告を自ら行う必要がありますが、証券会社から発行される年間取引報告書を参照すれば、自ら計算することがなく必要項目を入力できるので一般口座よりは確定申告が楽にできます。

特定口座のデメリット

特定口座のデメリットは?

「源泉徴収あり」とした場合

譲渡損失の繰越控除制度を利用するには別途申告が必要です。
これは、「特定口座 源泉徴収なし」「一般口座」でも同様なので、損をした時は自分で申告する必要があるということを忘れなければOKです。

譲渡損失の繰越控除制度とは

1年間の通算損失を翌年から3年間繰り越すことができます。
例えば今年20万円の損失を出した場合、翌年に20万円利益を出しても、その20万円分は税控除(税金ゼロ)となる制度です。
株を始めた初年度はどうしてもマイナスになりがちなので、この制度をあらかじめ頭に入れておくことが重要です。
細かい提出書類等については、損失を出した時に翌年の1月から準備すれば3月の確定申告までに書類は揃うので、その際に調べればOKです。

「源泉徴収なし」とした場合

取引毎に源泉徴収を行わないため、年に一度自分で計算や記入をして確定申告を提出する必要があります。
確定申告すると同時に譲渡損失の繰越控除制度を利用する場合は、申告しましょう。

一般口座のメリットデメリット

一般口座のメリット

一般口座のメリットは?

確定申告をゼロから自分で行うことにより、譲渡損失の繰越控除制度の申告漏れがない。

一般口座のデメリット

確定申告の書類
「特定口座 源泉徴収なし」と同様に、取引毎に源泉徴収を行わないため、年に一度自分で計算や記入をして確定申告を提出する必要があります。
しかも「特定口座年間取引報告書」が発行されず、自分自身で確定申告時に損益の計算などを行わなければならないので、知識が必要であり手間もかかります。
また、申告した数字や記入した事柄が正しく記入されてるか確認するのも自分自身であり、間違いがありそれが発覚した場合には罰則を受ける可能性もあります。
株取引を品お案に行いたいのであれば、上記の理由で一般口座で取引すると年に1度の確定申告の負担が大きくなります。

口座開設するならここがおすすめ

聞いた限り特定口座のほうがメリットがたくさんあるね。特定口座開設して株取引をはじめたい。

特定口座作るなら、DMM証券ががおすすめ。
株取引に集中したいのであれば、「特定口座 源泉徴収あり 配当金自動受け入れ」を自動で行ってくれる証券会社がおすすめ。
DMM証券では、「特定口座 源泉徴収あり 配当金自動受け入れ」が備わっている口座を開設することができます。
煩わしい確定申告の計算をする必要も、確定申告を出す必要もなく、手紙でくる配当金の受け取りを主導で行わなくても自動的に口座に入ってくるので申告漏れがありません。

アプリでチャートをチェックしたいけど、できる?

またアプリでの株取引やチャート確認もできるので株取引を素早く行うことができます。
確定申告をゼロから行うことは、計算の間違いによる申告ミスが起こるリスクがあります。
私の場合は納税によるリスクを無くしたいので、自動的に確定申告を行なってもらってます。
株取引初心者なら余計な心配はしたくないですよね。
DMM証券で自動的に確定申告をするか、一般口座を開設してゼロから確定申告をするか、あなたはどちらにしますか?
この記事が参考になれば幸いです。
また、株取引の始め方を下記記事でまとめていますので、合わせてご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました